FC2ブログ

ドサ日記@silence*

アイマス無名Pのニコ動ドサ回り日記。 あと雑記。ゆるい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の新着動画について② - SSDが持つ問題点の中心は

前回のエントリでは「世界の新着動画」(以下SSD)が当初の目的である「埋もれた良動画を発掘する」という目的を達成しつつ高評価を受けている反面、そのコメントの内容が酷いと話題になっている。ただし解決策は実装予定。というところまで書きました。あと僕がプレミアム会員をやめた、ということも。

このエントリから見た人も、各所でまとめられているSSD騒動の概要を知っているなら前回のエントリは見なくていいでしょう。前回のはほぼ序文です。突撃する前の地ならしです。

今回は「SSDのコメントがなぜ問題となるのか、その原因は何か」について書きたいと思います。語りつくされている話題ではありますが、自分なりの結論です。


まず、「自らクリックして動画を見る」場合と「SSDで動画を見る」場合とでは動画に対する姿勢が全く異なるということを強調しなければなりません。

動画をクリックするという行為は能動的な行為です。視聴者は自分の意思で数ある動画群からその動画を選択して視聴しているのです。
そして動画を見る際、視聴者の意識は動画の内容とそこに流れるコメントに集中して振り向けられます。そこにタイトル、説明文、タグ、市場、再生・コメ・マイリス数などの動画に付随する情報が加わりますが、どれもその動画自体に直接的・間接的に関係するものです。

翻ってSSDでは何もせずとも動画は向こうからやってきます。視聴者は視聴を継続するか否かを選択することは出来ても次に見る動画を自ら選択することは出来ません。
SSDで動画を視聴する際には、視聴者の意識の対象はSSD全体に向けられます。個々の動画は全体であるSSDを構成する一要素であり、連続した流れの中でどのような位置にあるかが視聴者の意識に大きな影響を与えます。今日は○○のカテゴリが多い、先程の動画はこうだったがこっちはこうだ、完走するか切られるか、etc. SSDを視聴する上で大きな興味の対象となる事柄ですが、動画単体を視聴する場合では生じ得ない感想です。

それ自体が悪いというのではありません。通常のユーザー生放送では「さっきのからこっちに繋ぐかよ!」と生主のセンスにツッコんだり爆笑したり、動画の最中にどんどんリクエストが来たり、或いは生主と視聴者の漫才が突然始まったりと流れている動画そっちのけで盛り上がることも多く、むしろ生放送の大きな楽しみの一つとなっています。

問題は、SSDに限って生放送中のコメントが元動画のコメントに反映されてしまうという点です。

SSDという連続した流れの中で投下された大量のコメントが、その時の前後の状況から完全に切り離されて個々の動画に残り、しかも動画単体を見に来た視聴者のコメントとスレッドの区別も無く混ぜっ返しというのはあまりにも乱暴です。

生放送でなされたコメントには前後関係が分からなければその本来の意図が分かりづらいものがけっこうな割合であり、そのコメントがその日のSSDに対してのものなのか、動画単体に対するものなのか、最悪一個前の動画に対するものなのかさえ、SSD終了後に視聴している者からは読み取れない場合もあります。
そのようなコメントと、自分の意思で動画を見に来た視聴者による明確に動画自体へなされたコメントとを同列に、まして混同されかねないような扱いをするべきではありません。

少なくとも僕にとっては自分の動画に書き込まれた一つ一つのコメントは本当に代えがたい報酬であり、自作品の検証の指針であり、次の製作活動の燃料です。
コメントの内容もさることながら、タイムライン上でのコメントの寡多からも視聴者のテンションの上下が分かります。例えばグンと盛り上げたいところでコメントが少なければ、意図に反して視聴者のテンションは低いまま、というのが読み取れます。一番の見せ場でコメントが画面いっぱいに流れれば、そりゃもうガッツポーズです。最高の快感です。
しかし動画の最初から最後まで均等にコメントが流れるのではテンションの上下は掴みにくく、SSDの流れに対するコメントで動画本来のコメントが流れたり埋もれたりしてしまうのは悲しいことです。

もし通常のユーザー生放送でもコメントが反映される仕様だったのならまだ理解できます。しかし、「ニコニコ生放送」という共通のシステムを使用しておきながら、かつ通常の生放送が先行して実装されどのようなコメントが投下されているかを知りうる状況にありながら、本来独立したスレッドで管理されている生放送コメントを元動画のスレッドに組み込むように、あえてわざわざ意思を持って設定した運営の意図は何なのでしょう。

もしユーザー生放送でのコメントが元動画に、通常コメントと区別無く反映されたらどうなるでしょう?
仮定で書きますが、現状のように生放送を存分に楽しんでコメントするなら元動画には意味不明なコメントが残され、元動画に配慮したコメントだけを投下するなら生放送の楽しみは損なわれてしまいます。生放送を取るなら迷惑なコメントの元としてユーザー生放送は敬遠され、元動画を取るなら生放送はただ動画を流すだけのものになってしまい本来の魅力を発揮できません。どちらにせよユーザー生放送は現在のような人気を勝ち取ることは出来ないでしょう。

同じことはSSDにも言えるのではないでしょうか。現状、SSDを存分に楽しんでコメントした人たちのコメントが元動画に迷惑をかけ、元動画に配慮しつつSSDを見ている人たちはコメントではっちゃけることが出来ない。
この仮定が正しいとするならば、「SSDでのコメントが元動画に反映される」という唯一つの間違いのために、SSDは正当な評価を受けることができず、かつ本当の魅力を発揮できていないと言えます。

これは専門家でもなんでもない個人が勝手に考えたことですが、どうでしょうか。
SSDの現状と比較して、全くの的外れだと言えますか?


次回はSSDが投稿者に与えた影響、主に負の影響について書きたいと思います。
熱くなるのを抑えながら書くので、ちょっと間が開くかも。
スポンサーサイト

世界の新着動画について① - プレミアムやめました

さて、誰か見てくれているかも分からんけども、数回にわたってゆっくり書いていきますか。

先日、ニコニコ動画(γ)時代からずっと続けていたニコニコのプレミアム会員(月額500円)をやめました。
ここで「本当にお前プレミアムだったのかよ?」とツッコミが入るかもしれませんが、そんなのは運営が知ってさえいればいいわけで。

理由は単刀直入に言うと「世界の新着動画」(以下SSD)のコメントが元動画のコメントに反映されるというただ一点が気に入らないからです。プレミアム退会はそれに対する抗議。

先に言っておかねばならないのですが、僕はSSD見たことがありません。諸事情でナローバンドなので、SSDを放送しているような混雑している時間帯は生放送を見ることができないのです。空いている時間帯なら大丈夫なので普通のニコ生なら時々見てますよ。
それと自分の動画がSSDで放送されたこともありません。

SSD自体は見たことがなくても、その動画がSSDで放送されたことはわかります。何気なく動画を視聴していると突然現れる特徴的なコメントの洪水、SSDで放送された時の名残です。
10月29日以降、このコメントの洪水があちこちで見られるようになるとともに、あちこちの動画投稿者や動画紹介のブログにいろんな感想、意見がアップされていきます。
「SSD面白い!」というもの、「突然再生が伸びて驚いた!」というもの。そして「コメントの内容が酷い」というもの。

SSD自体への評価は結構、というかかなり好意的です。今までのニコ動では埋もれてしまったであろうマイナーなジャンルの動画が多数取り上げられ、ランキングにも登場してさらに伸びるという現象がいくつも起きています。この意味ではSSDは「埋もれた良動画を発掘する」という本来の目的を達成しつつあると言っていいでしょう。
SSD視聴者の感想からも、次はどんな動画が出てくるかというドキドキやお約束を踏まえたノリの良いコメント群、数千人と同時に視聴しているライブ感によって得られる今まで味わったことのない面白さがとても評価されています。
「世界の新着動画完走組」という新たな評価軸によるタグも生まれ、面白い動画をカテゴリ枠を超えて探す手段にもなっています。

しかしながら、SSDに対する否定的な意見もみられます。「擬似同期性」というニコニコ動画の象徴ともいえる特性から外れてしまっていることと、投下されるコメントの内容です。
SSD開始から数日待たずして「世界の残酷動画」「公開処刑」などの異名がつくほどに、SSD視聴者の「つまらない」動画に対するコメントは辛辣です。
ただ、この「つまらない」というのはSSDという形態で視聴している者にとって、パッとその場で提示されて得た感想が「つまらない」だったというもので、動画本来の評価とはイコールでつながるものではありません。
例えて言うならマラソンの選手を突然勝手に100m走にエントリーさせて遅かったらフルボッコ、ぐらい乱暴な話です。
この「コメント問題」が今回のSSD騒動の核、というかほぼ全てです。あとは「擬似同期から真正同期への回帰」くらい。
各所で語りつくされている感もあり、「コメントを元動画に反映しない、あるいは反映させるかどうかを投稿者が選べるようにする」という解決策も出ており、運営側もそれを実装する姿勢を見せているという、ぶっちゃけ「もう終わった話」なのですが、
「ニコニコ動画的コミュニケーションとコミュニティ」とか「動画職人はどこから現れるか」とか「アイマスとボカロは何故一大勢力となったのか」とかここから派生してもォものすんげぇいっっっぱい書きたいことがあるので日を改めて。

なぜ「プレミアムをやめる」という選択をしたのかもいずれ書きます。これについて書くのと製作中のバカ動画をうpるタイミングを合わせたいなぁ。尤もその前に万事解決してくれるのが最上なんだけど、さてさて。

半年あいた。あとヘタリア女子がかわいい。

半年あきましたー。てへっ☆

まぁ忙しかったりGAアニメつまんねって思ったら急激に面白くなったりARIAに再ハマりしたり家に帰るまでがマジアカだったりヘタリアのリヒテンシュタインがリヒテンシュタインがリヒテンシュタインがリヒテンシュタインが
リヒテ────────ン!!俺だ─────────!!!お兄様と呼




                          セダーン(銃声)



リヒテン厨はもうちょっと自重することを覚えないとヘタリア界隈で嫌われますね。俺もだけどね。

さて、直近でドハマリしている作品がその「AXIS POWERS ヘタリア」。通称「APヘタリア」「APH」。
どうも腐女子向けというイメージが先行しているですが、この作品に出てくる「国」の中には女の子として擬人化されている国もあって、どの子もすっっっごい可愛いのですよ。男子にもおすすめ。超おすすめ。
え? ホモ表現が苦手? なぁに、かえって免疫がつく。

公式HP。メイン>マンガ>AXIS POWERS ヘタリア
キタユメ。

女の子として擬人化されている国(一部国際的に国家として承認されていない地域を含む)としては、主なものにハンガリー、リヒテンシュタイン、セーシェル、ベラルーシ、ウクライナ。
公式HPでイラストが公開されているもののマンガには未登場orほんのチョイ役なのが台湾、ベルギー、ベトナム。
男性キャラと比べると数も出番も圧倒的に少ないですが、もう本っっっ当に可愛いのですよ。

興味深いのがどの子も露骨に「お色気」を狙ってないのに可愛い点。基本長袖にロングスカートまたはズボン着用。パンチラなんてエイプリルフール企画のおまけで一回あったくらいかな。
しかしこの露出の少ない衣装がすんごい可愛い服ばっかり。普通の服なのに可愛い。軍服でも可愛い。ミニに慣れてしまった目に、ロングスカートのふわっとした広がりの美しさがかえって新鮮に映ります。

で、ハンガリー・リヒテン・ベラルーシに特に見られるのですが恋に一途なところがまた可愛い。
一途と書くと少し古典的ですが、ハンガリーは思考が腐女子だったりリヒテンは天然だったりベラルーシはヤンデレだったりと一筋縄ではいかない変人(失礼。)ぞろい。
アプローチも積極的で少年漫画のヒロインではなく少女漫画の主人公風。ちょっとしたことがとてつもなく嬉しかったりうまくいかなくて凹んだりと表情がとても魅力的です。

さらに忘れてならないのが二次創作の多様性。女性の同人作家が数多く手がけているので、ノーマル(男女の)カップリングも様々な組み合わせが見られます。
どれも心理描写がとても巧みで繊細、やっぱり恋愛ネタは女性には敵わんなぁ。
そして前述の服。原作やアニメはかなり線の少ない絵なのですが、二次創作ではすんごい絵の上手い方々が愛と時間の限りに描きまくってるのでとても素敵なことになってます。

原作HPをひととおり読んだら是非pixivにお越しください。主要女子キャラ全員1000を超えるイラスト&マンガが待ってます。以下引用、すんごいことになってる例。

実はこのイラストからヘタリアに足を踏み入れたり。この方のファンなのですよ。南館で幽白の本売ってた頃からの。



劇場版が決まったアニメもここで無料配信中よー。こちらで会員登録すると見られます。月曜更新。
アニメイトTV


会員登録で個人情報送りたくない人はいろいろ探すべし。僕は教えないけどね。


しかし、書いてて思うんだけど、ヘタリア女子は可愛いのに見つけるまでの道のりが険しいのが難点だね。
まずヘタリアにはまって、しかるのちに「ハンガリー可愛い!」「リヒテン可愛い!」っていうのが一番楽だけど・・・
俺みたいにまず「なにこれかわいい。リヒテンシュタイン? あぁヘタリアのキャラか。よし、リヒテン、今行くぞー!!」ってかたちだとすんごい苦労する。熱病にうかされたような勢いと根性がないとキツい。
2chのキャラスレのテンプレに出番の一覧があったりするから利用すべし。単行本は出版社の手抜きがひどいので上級者向け。馬券買ってる場合じゃないって。いやまじで。


あと「世界の新着動画」についてのこととか製作中のバカ動画のこととかについても書こうと思ったけど長くなったので日を改めて。

では良いお年を。

うそだよ! 近いうち書くよ! 特に「世界の新着動画」に関しては運営の動きが止まっちゃったからなー。
現状一人でプレミアムやめて抗議してるけど、場合によってはぶちあげるかも。
プロフィール

silence*

Author:silence*
 
アイマスがすきです。
M@Dもすきです。
つくったりします。
きがむいたらね。
 
ぎゃふん。


→もっとくわしく

twitter

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
D.M.C.

flash製作&配布:あかり小屋さま

アルカナツール

Wis>Tgh型マジ
装備外してる時はボッコ歓迎

最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。